8時間労働して思った事は、勘違いしてるのは私だった

働く 仕事のこと

 

今日は朝から雨がザーザーと降り、久しぶりに仕事に行きました。

気が重く、ましてや雨だと気分が倍増にテンションが下がります。

仕事に行くと、前の記事、二つ返事してしまったので行くしかありません。

 

8時間労働、始まる

一年ぶりに、この会社で仕事を請け負うYさん以外の2人が早めに来ていました。

いつものメンバーです。

4月になれば派遣の人が参入するが、

忙しくなる前に私を入れて4人で賄えるので、それまでは仕事場は静かなのです。

もう一つの事務仕事は座りっぱなしでお尻が痛くなり運動不足の危険ありですが

今の仕事は立ちっぱなしで足はむくむが、この仕事の方が長いので、

カラダが覚えているのか、人に聞くことなく動けます。

物を作る仕事なので、やりがいはありますが梱包や荷物運びもあり、

重労働的なところがあるので、そこが問題です。

朝の話だと今日の仕事は3時まで、荷物が入ったので5時までになってしまいました。

この分だと8時間労働が早めに始まります。

働く

スポンサーリンク

まだ序の口で、どんどん忙しくなるとカラダの疲労が溜まります。

しかし、5月初旬までの仕事なのでやっていけますが、いつまでも続けたくないのが本音です。

また今年もお世話になってしまいました。

 

仕事のメンバー

久しぶりに会い、誰もパートに行かずこの短期アルバイトにぶら下がっていると

思っていました。

みんな普段どんな過ごし方をしているんだろう、と、ふと思ったのです。

でも、それぞれの家庭環境や考え方は、もちろん違うってこと。

一人は、娘さんが隣の家に住んでいるので、孫の面倒を見るので大変。

もう一人は、息子さんが結婚をし、独立しているので旦那さんと二人暮らしで

悠々自適な生活を送っている。

二人は、そこまで仕事に固執してないので、短期の仕事でいいってこと。

 

私はと言うと、パートを希望しているのに短期バイトにぶらさがっている。

ぶら下がっているのは、みんなじゃなくて

私だけがぶら下がっているのだと、今まで勘違いしていることに気が付いたのです。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました