回覧板を持ってきたのは意外な人

驚いた 日々の暮らし

 

今日は、使わないものを断捨離しました。

キッチンのカップボードのお皿や黄ばんだお弁当箱、急須など。

好きな韓流、愛の不時着ののOSTを聴きながら使うもの、使わないものを仕分けし

時間があっという間に過ぎてしまいました。

使わないものは考えずに即、捨てる。

今までなぜ物が捨てられなかったのか、十数年前の物を

大事にしてきたといえば綺麗事。

1、2度しか使ってないものが、次から次へと出てきて

何?これ!もうウンザリ!と独り言です。

燃えない45ℓのゴミ袋が3つになり、これでも迷った数量なのですが、、、

これからは、ほんとにいる物だけ買うようにしよう!

買ったら1つ捨てる!

大袈裟ですが心に誓います。

 

 

 

本題は、

 

回覧板を持ってきたのは意外な人

 

昨日の記事ですが、二つのうち一つ回覧板の行方がわかりました。

キッチンの片付けをしていたらインターホンが鳴り

町内の組長さんの顔が映り回覧板を持ってます。

驚きました!!

玄関を開けると

組長さん「私が持ってました!」と悪びれた様子もなく、あっさり言われました。

驚いた

うちから4軒目が組長さんの家、あと十数軒は回ってなかったということです。

スポンサーリンク

なぜ組長さんが持っていたのか、ありえない話なんですが...

 

どうも、途中から町内会と女性会が別物なのに、ごちゃごちゃになっているようで、

話しをしていると、いまひとつ噛み合いません。

 

2年前に建売分譲に引っ越して来て、私よりひと回りくらい上の夫婦ですが

前の組長さんから引き継いでいます。

去年に挨拶をしたので、私が女性会の役という事も知っているはず。

 

仕事で遅く帰って来るそうなので、忙しい人なのでしょうけど。

しかし、一つしか持って来られなかったので、じゃぁもう一つは?

私「どこかで、止まっているんでしょうね」と問うと

組長さん「そうかもしれません」

組長さん「また、出てきたら持ってこればいいんですね」と言われましたが?

なんだか変な会話です、あまり追及はしませんでした。

 

引っ越してきた1年目は

行事に参加されなかったので、古い住人とも面識がないのです。

 

確かにコロナで行事もなく、初めての役で把握ができなかったのか。

回覧板を回すことも、コミュニケーションが取れていないのが原因で

コロナがかなり影響しています。

 

今年こそ早くコロナが終息してほしいです。

また、今度も組長さんがもう一つの回覧板を持ってくるかも、です。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました